着物染色作家を目指している『たまご』が大きく羽ばたく日を夢見てます。*本文および画像の無断での転記・転載はお断りします。


by boomoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Annotazione

すっかり桜も満開になり、週末は天気にも恵まれて、絶好のお花見日和♪
環境が変わって、ちょっとお花見する余裕はないけれど…

図案を考える時…
対象物のことを、知識として理解するように心がけている

例えば……
花なら、葉のつき方や花が咲く季節、色はどんな色があって、葉の色や若芽の色は何色か…とか
花びらがどんな風に出ていて、どんな場所で育つのか…とか
時にはその花に関する、歴史や由来、その花にまつわるエピソードなどを調べることもある

今日は、そんな図案にした対象物のことで、調べたことを覚え書きとして更新…

鳳凰

a0111447_14403788.jpg



中国の伝説の鳥。孔雀に似ているが、背丈が4~5尺はあり、
その容姿は前は麟、後は鹿、頸は蛇、背は亀、頷は燕、嘴は鶏だとされる。
五色絢爛な色彩で、声は五音を発するとされる。
鳳凰は、霊泉を飲み、竹の実を食物とし、梧桐の木にしか止まらないという。
聖天子の出現を待ってこの世に現れるといわれる瑞獣 (瑞鳥) のひとつで、
『礼記』では麒麟・霊亀・応龍とともに「四霊」と総称されている。
鳳は雄、凰は雌を指し、羽ある生物の王であるとされる。
古くは風を司るとされたが、後には五行説の流行により、
四神のひとつ朱雀と同一視される。
例えば漢代の緯書には、鳳凰を火精としているものがある。
なお、鳳凰は朱雀と同一視されることもある。
またその形態から、インド神話の神で、マレー半島、インドネシアの聖鳥ガルダ
(迦楼羅)との類似が指摘されている。

鳳凰の異名には鳥王、雲作、雲雀、凰、叶律郎、火離、五霊、仁智禽、神鳥、仁鳥、
聖禽、丹山隠者、長離、鳳、朋、明丘居士、鸞、霊鳥などがある。

東西の聖なる鳥の代表としてよく混同される両者だが、
フェニックスのルーツはエジプトにあり歴史書によれば形態は
猛禽類(エジプトで愛好されていた鷹)に近い。
これに対して、鳳凰は長い首、尾羽など孔雀に近い見た目をしており、
そのルーツはインドにある。
それ以上に、鳳凰は雌雄の別があり卵も産むのに対して
フェニックスは単性(雄)生殖をするとされているところに大きな違いがある。
しばしば同一視される背景として、両者は共に「火の属性」を持つという共通点が
指摘できる(鳳凰本来の属性は風であるが、朱雀と混合され火となった)。
鳳凰は南方(五行思想で火を表す)を守護する朱雀と同一視され、
フェニックスは自身を炎で焼いて再生するという伝承がある。Wikipedia参照

[PR]
by boomoon | 2009-04-06 15:07 | 四方山話