着物染色作家を目指している『たまご』が大きく羽ばたく日を夢見てます。*本文および画像の無断での転記・転載はお断りします。


by boomoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Straordinariamente

台風一過… 

時々、『特別に仕事の出来る人間はいらない 皆が同じレベルで仕事が出来るように…』
などという考えを持っている会社の話を聞く事がある

前職の社長もそんなことを言っていた…
けれども、その社長は口ではそんなことを言いながら、
特別に仕事の出来る人間1人を褒め讃え
他の従業員は機械の部品の一部のようにしか扱わなかった…

私の知っている狭い世界の中には、そんなことを言っているところで、その通りに
その状況が出来ている会社は皆無だったし、そうしようとしている所も皆無だった…
もしかしたら、きちんとそれが出来ているところもあるのかもしれないけれど………


だいたいにおいて、『皆同じレベル』というのはあり得るのだろうか?
その前に、設定している『レベル』というのは、どの程度のものなのだろう??
仕事の質だったり、モチベーションだったり、評価だったり………

………そうか…だから、そういうのを明確にするためのマニュアルとかシステムで
従業員のランクなどをはっきりさせている会社があるのか…………?


現職場でも、そういうことを望んでいると最近知った
が、設定レベルがどれくらいのものなのかは研修に参加した本人も理解していなかった…
人の上に立つ立場の人間や、まとめる人間が、そのレベルをきちんと把握し、導くことが
出来なければ、なかなか『皆同じレベル』にはなれないだろうし、
それを導きつつも、導かれるものにもそれを理解してもらうようにしなければ、
導く人間が変わったときに、その下についた者が『皆同じレベル』には
なれない気がするのだが…

結局、導く立場の人間も、その立場なりに『皆同じレベル』でなくてはならないのか…


……ここまで書いたものの………
私の着眼点が、どこかボヤけているのか?




ピンと来ない………

ただ…1つだけ、はっきりと自分が理解出来たことは

私は、まだまだ『導く立場のレベル』には至っていないということ


そんなことを考えながら、床についたら…………

休日の朝に少し寝坊をして、寝起きに時計を見て
(……!!!ヤバッ!遅刻しちゃった!)と焦った自分が情けない(´▽`*;)
[PR]
by boomoon | 2009-10-09 11:45 | 四方山話