着物染色作家を目指している『たまご』が大きく羽ばたく日を夢見てます。*本文および画像の無断での転記・転載はお断りします。


by boomoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:鑑賞( 10 )

川瀬巴水展へ

今年初の鑑賞は『川瀬巴水』
生誕130年を迎えての回顧展だそうです
一昨年の11月から千葉、大阪、横浜、山口、川越、京都と
巡回してきて、これが最後らしく・・・

a0111447_23231563.jpg
a0111447_23233011.jpg

日曜美術館でも昨年の暮れと先日の再放送で、会場は結構な混みっぷり

版画というと、私の中では遠くで見ても版画感があり、特別なキモチというのを
抱いたことがあまりなかったのですが、今回は違いました






独特な構図があったり、遠くで観るのと近くで観る違い、試摺と水彩画の下絵との比較、
同じ構図でも季節や時間、天気を変えたものを展示してあったりなど、
いろいろな比較が出来たのが、非常に面白いと感じた

下絵だけでなく、写生帖との比較も面白かった♪





もっと早くに広い場所で観たかったと、つい思ってしまうほど・・・
図録で見るのと、実際に観るのとで、これほど感じが違うのかと驚きつつ、
満月の今宵は、図録を眺めながら、お勉強♪
[PR]
by boomoon | 2015-01-05 23:44 | 鑑賞

GENIO

a0111447_23525284.jpg
先日、川合玉堂展を観に行ってきた

物を見る目を養うと言う意味が
最近少しずつ理解出来るようになってきた

まだまだ観きれていないことも
きっと多々あるんだとも思うが…
経験値の差なんだろうか…

本格的に絵の勉強を始めた頃の
写生も展示されていたのだが、
もう圧倒されっぱなし…………

12歳で本格的に始めたそうなのだが
明治時代のまだカメラなどの技術が
発達していないと思われる時代に
緻密に鳥の羽根を描いていて


スゴすぎる…………とガラスケースの前で呆然と立ちつくしてしまうほど

そして次に立ち尽くしたのが 『二日月』
a0111447_075223.jpg


これもただただ……………すげぇ〜〜〜〜!!!!! って心の中で絶叫

他にもスゲェ〜〜〜!!!!!!の連呼で、たっぷりと2時間以上かけて
天才の作品を堪能してきたのですが…


その後、日曜美術館を偶然見て、時代背景と描かれた年の関係を知り、
新たな見方を覚えたので、後期を観に行く時は、その辺も一緒に堪能したい☆

先生も観に行ったらしく、先生からも講釈を伺うことができて、
なんとも幸せな勉強タイムが続いています♪


まだまだ勉強は続く〜〜〜〜♪
[PR]
by boomoon | 2013-07-14 23:57 | 鑑賞

KIMONO Bellezza

4月並みの気温になったり、雪が積もるほど寒くなったり……
インフルエンザも大流行し、それとは別に風邪も流行っていたりして…

今月は閑散期で、じっくり制作に取り組めるかと目論んでいたのに、
インフルや風邪による高熱で職場の仲間が続々とやすみ…
突発対応で1月下旬からほとんど休みなし
あっても1日だったり半日だったり…

そんな訳でやっと休みが確定したのが2日前…
行こうかどうしようか迷いつつ、遠いからな………と
ちょっと億劫になっていたところに、先生から
「休みが取れるなら絶対に観て来い!」との強いオススメもあり
最終日に行って参りました♪


a0111447_019693.jpg



行って良かったぁ♪♪♪♪♪
電車に揺られて約1時間半 
自宅からだと2時間はかかってしまう道のりでしたが
それだけ時間をかけても観る価値アリの展覧会でした♪

やはり先人の技には感服してしまいます
化学染料が無い時代の絢爛豪華の着物の数々…
刺繍の技、大胆な構図の柄、鮮やかな天然染料、
最高の技術を駆使した表現………

世界に誇るきもの文化とうたわれていますが、
これが日本に存在していない淋しさも感じつつ………


現代………末端ながらも継承しようとしている私としては、考えることも多々

先人に到達し、先人を越える

まだ夢ですが、叶えたい夢ですね………
[PR]
by boomoon | 2013-02-12 00:36 | 鑑賞

Condiscepolo

昼間は少し春めいてきた感じ♪ 
兄弟子(私にとっては、ずっと兄弟子と思ってます)の個展へ…
a0111447_131591.jpg

去年から精力的に活動していて、かなりのハイペースで制作に励んでいた御様子
個展を拝見させていただいて、爪の垢をいただいてくれば良かった…とかf^^;
色々な想いがわき上がってきた

今回は、許可をいただいて作品を撮影&掲載させていただきます☆
まだ買い替えたばかりのカメラ携帯で撮影したので、
本当の色が出せず申し訳ないのですが、
全ての作品は草木染です

a0111447_134058.jpg

蒔き蝋の効果も素晴らしく、とてもキレイな地色のタペストリー
a0111447_141473.jpg

とても愛らしい天狗が舞う染額
a0111447_143416.jpg

五重塔の帯はお太鼓部分 天狗はお腹に!
左は漁火というタイトルの帯
a0111447_135839.jpg

今回の個展の目玉作品の着物 ろうけつ染の技法で、前には三日月があるらしい…

画像だと、本当の色が出せなくて、出来れば実物を見ていただいたほうが
感じ方が全然違うと思います。

私のずっとずっと先を行き、なかなか追いつけないどころか
まだ同じフィールドにすら立てていないけれど…
近い将来必ず!


========================================
ー戦いの歌ー 染師 麗

吉祥寺 あーとらんだむ

2011・4・5 (火) ~ 4・11 (月)

AM 11:00 ~ PM 7:00    (最終日は PM 3:00まで)

〒 180-0004    武蔵野市 吉祥寺本町 1-8-5 レンガ館 2F
TEL  0422-21-4467
========================================

井の頭公園のお花見兼ねていかがでしょうか?
[PR]
by boomoon | 2011-04-06 01:32 | 鑑賞

deluso………

ひさしぶりに鑑賞ネタを…

都内某所に着物の秀作展を観に出掛けた…
プロとして活躍している先生方の作品が一堂に会した展示会へ…

10年くらい前に行った時には、華やかな会場にとてもワクワクした
(すごい…いつか………わたしも………)そう思って、ときめいた…


が…久しぶりに行ってみると……………
ワクワク半減にがっかり…

無難な作品というか… 華やかさがないというか…
中には(すごい!)と思うものもあった

こんな着物、染められるようになりたいな…と思うものもあるにはあった
けれど、大半の作品は……………正直(ふぅ〜ん………)っていうのが正直なところ…


生意気だな…と自負している
プロとして生業にしている先生方の作品をがっかりなどと言ってしまっているのだから…
けれど、ワクワクしなかったのが、本当に残念でならなかったのだ…

憧れというか、スッゲェ〜〜〜!って思わせて欲しかった…

売れそうな着物しかないのは、やっぱりがっかりなのである
売れるとか売れないとか関係無く、これが、今の自分の力です!って勢いが
もっともっと観たかった…


a0111447_10155.jpg


こんなこと書いてるけれど、自分はまだまだ、そのレベルにまで達していないのは…

重々承知……………


悔しいから、練習にもっともっと励んでやるッ!


そんな風に思った……………
[PR]
by boomoon | 2010-03-06 01:13 | 鑑賞

Patrimonio artistico

本日が最終日の、日本橋・三越で開催されている『森口華弘・邦彦展』へ行ってきた
現役作家として親子二代が人間国宝になったのが一昨年の夏のこと…
そのニュースの約半年後に森口華弘氏の訃報があった…

衣桁にかけた時の絵としての素晴らしさ、着物として着た時の美しさ、
図案も技法も計算されつくされていて、見れば見るほど鳥肌が立つ
草稿も数点展示されていたが、草稿も緻密でスゴイ…
草稿と実物を見比べて驚愕した

草稿から実物を染める前までに、どれだけの時間を要しているのだろう…
染めるときには、既に頭の中にしっかりと出来上がっているはずなので
そこに至るまでの頭の中の回路がどうなっていたのか………想像はふくらむばかりだった


糸目の強弱、着眼点、大胆さ…………どれをとっても、まさに日本の宝
『これぞ人間国宝』と私が思える数少ない人物の1人である

a0111447_2271858.jpg


More
[PR]
by boomoon | 2009-10-04 02:46 | 鑑賞

Caramello

a0111447_273850.jpg
画家だとばかり思っていた…
画家であることに
 間違いはないのだが………
グラフィックデザイナー
 という印象の方が強くなった…

絵を描くことへの愚直というか…
実直というか……

そんな想いと行動が垣間見れた☆



『生誕125年記念 竹久夢二展
ふたつのふるさと
  ふたつのコレクション』


少しは、学び取れたような気がしている☆
[PR]
by boomoon | 2009-08-29 02:17 | 鑑賞

Taoismo arte

三井記念美術館の特別展をみてきた

中国と日本の文化に深く根ざす道教の美術を紹介する日本で初めての展覧会
だそうだ…


私は不信心だが、図案のことを考えるときに、色々と知っているのといないのでは
アイデアの広がりも違ってくるのを実感…

道教とは…
宇宙と人生の根源的な不滅の真理〜Wikiから引用


やはりまだまだ私の人生では、理解出来ない部分も多いけど…

a0111447_2505569.jpg


結構、イメージは広がってきた☆
[PR]
by boomoon | 2009-08-14 02:51 | 鑑賞

Sublimità

a0111447_2335919.jpg私は不信心だと、常に公言している
良く神社や寺院には参拝に行くけれど、
宗教に縛られる気が毛頭ないので、
そう公言している…

自分のことに関しては、
『困った時の神頼み』ではなく、
『人智を尽くしてから神頼み』が、
正しい神頼みの形だと
最近思うようになった…

日本には、国宝や重要文化財に
指定されている仏像がたくさんある
その中でも秘仏とされる仏像が
滋賀県にある三井寺には多く残されている

『黄不動尊』と呼ばれる不動明王立像、
33年に1度しか姿を拝むことの出来ない
『如意輪観音菩薩座像』などなど…

宗祖・智証大師円珍入唐求法帰朝1150年記念として、
現在、東京・サントリー美術館で『国宝 三井寺展』が開催されているので
訪れた………

三井寺でも、全てを一挙に拝むことは叶わない名宝の数々を
心ゆくまで堪能し、いつか滋賀まで足を運んででも…と思っていた
秘仏を拝むことが出来、新たな出会いにも恵まれた♪

しばし足が動かなくなるほど釘付けになってしまった
4体の仏様の前では
ただただ手を合わせて、感謝の念を唱えてしまうほど…

荘厳な空間で、時を過ごし、
また気持ちを新たに頑張れる♪
[PR]
by boomoon | 2009-03-03 03:00 | 鑑賞

Esotico

春が近づいて来たと思ったら、どうやら もう少し先らしい…

このところ、ずっと図案を描いてばかりいたのと、
ちょっと現実逃避したくなったのもあり、
寒空の中、散歩へ…

旧岩崎邸庭園

ずっと行ってみたいと思いつつ、なかなか行けずにいた場所だ
100年以上も前に建てられたというのに、古さを全く感じない
味があるというのは、こういうことなんだろうか…?
月日が流れても、古くさい感じがしないというのは、とんでもないことだなぁ…と
改めて感嘆してしまう

私も、そんな仕事が出来るようになりたい…

a0111447_2134453.jpg


異国情緒を満喫し、
ゆったりと優雅な時間を過ごしたお陰で、
かなり頭の中にも、心の中にもゆとりが出来た気がする☆
[PR]
by boomoon | 2009-02-25 02:28 | 鑑賞