着物染色作家を目指している『たまご』が大きく羽ばたく日を夢見てます。*本文および画像の無断での転記・転載はお断りします。


by boomoon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Germogliare

サボテンの発芽
知らない方も多いようだが、サボテンは種から育てることが出来る
『植物界 被子植物門 双子葉植物綱 ナデシコ目 サボテン科』

〜Wikipediaからの引用〜
双子葉植物とは、2枚の初期葉もしくは子葉をもつ植物のことである。


画像は、発芽して中央から刺が出始めたところだが、
刺の部分が徐々に成長していって、あのサボテンの形になっていく

種から育てることを『実生』というのだが、
サボテンの場合は実生が一番難しいと言われている

きちんと管理する場合は、土と砂などの土壌の配合の割合や、
殺菌のために砂を高温で蒸したりして消毒したり、
水やりや温度の管理も必要になってくる

丁寧にしなくても発芽はするにはするのだが、
早いもので1週間、私は発芽までに3ヶ月を要したこともある…
発芽を促すためには空気穴を空けたクリアファイルなどで覆って
湿度を保たなければならない

発芽しても、徐々に外界の空気に慣らすために、完全に覆いを外さずに
鉢と覆いの間に割り箸などで隙間を作って徐々にならしていく
夏の蒸し暑さ、冬の水や温度の管理などで
ダメにしてしまう可能性は非常に高い

赤ちゃんを育てるが如く、毎日様子を見て、お世話をしなくては
瞬く間に溶けたり、枯れたりしてしまうのである

a0111447_0401888.jpg


非常に手間がかかるが、上手く成長してくれて、種から育てたサボテンが
可憐な花を咲かせてくれた時の喜びは、なにものにも代え難い喜びだ
開花年齢に達するまでに、短くても3〜4年、長いものでは30年もしないと
花が咲かないものもある

『遅咲きの…』と言う言葉があるが、私もどうやら遅咲きタイプなのだろう


自分との約束が守れない…なんて甘えたことを私も言ってないで、
大切な人や友達との約束を守るのと同じくらいに、
自分との約束も守れるようにしなくては…
[PR]
by boomoon | 2009-01-31 01:02 | 想い

Arnese

東京には5軒の染色材料店がある
どの店舗もそれぞれに特徴があって面白い♪

同じ道具でも微妙に価格が違ったり、セールがあったり…
上手く使い分けるとお得だったり作業がしやすかったりするので
結構楽しみながら材料店巡りをたまにする

修行中から使っていた道具、そろそろ手入れが必要になってきたり、
染料や助剤などは補充の必要が出て来始めた…

いつもは補充や備蓄が目的で買い物するのだが、今年は新しい道具を入手してみた

a0111447_149340.jpg


半襟用の張り手である
今までは柄が細かくなるために、ちょいと敬遠しがちだったのだが
これからは半襟にも触手を伸ばしてみようかと思う

なにごとも経験だもんね♪
[PR]
by boomoon | 2009-01-30 02:30 | 制作

Sorpresa

知り合いから草木染でエコバックを作って欲しいと言われた

草木染というとエコなイメージがあるんだそうだ
確かに、天然染料なのでそういうイメージもあるのかもしれない…
けれども草木染めは植物の命を頂いて色を抽出し、
その植物の色を発色させるために媒染液という金属などの溶解剤を用いる
中には入手するのに印鑑が必要な劇薬があったりもするのだ…

私が以前、弟子入りしていたのは草木染めの工房である
師匠は「植物の命から色を頂いているということを忘れるな」と言われていた

それを考えると、どうもエコバックという名称はおこがましい気がしてしまう
細かいことなのだが…
それでも、バックを染めることはありがたいお話なので快諾☆

ワンポイントで良いので柄を入れてほしいとの要望
さて…どうするか♪


現在、まだ制作前の段階で図案の構想を2つ同時進行で練っている
どちらもまだ、うすぼんやりと頭にある形を、明確にさせようとしている途中
他にもキーワードとして頭にはあるものの、『私なりの形』が見えてこないものが
いくつかある…

以前は、図案を考えるのが少し苦痛だった
それが今は、図案を考えるのも楽しくなっている
サプライズを考える♪
これを見た人は、どんな表情をするだろうか?
これを送られた人は、どんな気持ちになるだろうか?

a0111447_1175346.jpg


笑顔になってくれることを願って、私も楽しむ
[PR]
by boomoon | 2009-01-29 01:18 | 制作

Miniatura

a0111447_0204349.jpg
世の中便利になった

こうして自分の想いを
見てもらえるようになったり

基本的なことを調べるのにも
とても迅速に出来るようになった

けれども、こちらの知識が足りないと
アナログの方が早い場合もある…

以前は『書体』とか『レタリング』とか
言われていたものが、今はフォントで通じる
けれどもフォントの名称を知らないと
なかなか自分の思い通りのフォントに
辿り着けなかったりして…

やってることは『超アナログ』なので
デジタルの方が苦労することも多々…
『超アナログ』が活用するのは やはり図書館ということになる

探してきたのは飾り文字
これで、次からはもうちょっとデジタルに頼れそうだ…

これからしばらく、この飾り文字と格闘することになる 

楽しみだ♪

世の中が21世紀になってから、図書館を利用してて思う事…
公共物であるという認識が利用者から欠落しているのではないだろうか………

とにかく書き込みの多いこと…
老若男女問わずのことらしい
カテゴリー問わず、書き込みを見つけるたびに悲しくなる
[PR]
by boomoon | 2009-01-28 00:17 | 制作

Preparazione

a0111447_1193291.jpg

なにごとにおいても通じることだが
『段取り八分』という言葉がある

段取りがしっかり出来ていれば仕事は
8割り終わったも同然というような意味
(7割りだったり9割りだったりすることも
  あるみたいだが…)

これは染めにもあてはまる
制作に入る前にきちんと段取りを組んでおく
しっかりと準備が整っていれば、
制作に入った時に本当に気持ち的にラクである


そう自分に言い聞かせ… ポッカリ空いた時間を充てる…
[PR]
by boomoon | 2009-01-27 01:19 | 制作

Idea

a0111447_1164226.jpg

描きたいものがたくさんある
具象的なものも抽象的なものも…
アイデアに困ることは
一生ないだろう

モノの捉え方によって
描き方はいくらでもある
けれども腕が追いついていない…

想いをいかに描くか…
具象的なものを いかに
多面的に捉えて表現出来るか…

似たようなモノに固執せず、
違いを見出し、
それでもなお『自分らしい』と
わかるようにするには…

そんなことも考えてみたりする
[PR]
by boomoon | 2009-01-26 01:30 | 想い

Gratitudine

久しぶりに恩師や級友に会った
幼い頃と本質は変わらぬまま、大人になっていた
職業は個々に違えど、(あぁ〜やっぱり…ね)という感じ
私にも同じ事が言える…

皆が○○するから…

そういう理由では決して自分の道を選ばずに来た
むしろ、皆がするなら自分はしない…なんて気になったこともある
良く書けば自然体だし、逆に言えばひねくれ者・はみだし者………

そんな幼き頃の私を理解しようと必死になってくれたのが恩師である
物心ついて、協調性が必要な場所では、少なくても必ず1人は私を理解しようと
真剣に向き合ってくれた恩師がいる

それは今でも変わる事なく、存在し続けている
ありがたいことである


a0111447_2113942.jpg


私がこうして生きていられる事、
私がこうして染めが出来る事、
全てがありがたい
[PR]
by boomoon | 2009-01-25 02:59 | 想い

Artigianalmente evento

私とは全く関係ないのですが…  ちょっとお知らせを…

伝統の技と味しながわ展

2009年1月24日(土)・25日(日)の両日に品川区大井町の駅前にある
きゅりあんという品川区の施設で開催されます (共同駐車場有 30分¥200)

品川区を拠点に活動している伝統工芸の技や味の継承者の方々が実演をするそうです
職人によるイベントです

品川区が支援している『品川伝統工芸保存会』、面白そうなのです
去年は江戸切り子の職人さんがコラボレーションしてスプーンを作ったり
今年は『品川あんどん』なるものをコラボレーションして
作ったりしているみたいです

a0111447_1403120.jpg
     a0111447_1405275.jpg


こだわりのモノづくり やっぱり江戸っ子は粋なことをしますネ
[PR]
by boomoon | 2009-01-24 02:10 | 告知

Crisantemo

a0111447_194819.jpg

現在、学んでいる技法は
友禅染
その中でも古来から
使われている
真糊という糊を使った
技法を体得中

真糊は餅粉とぬかが原料
先人たちはこれを用いて
着物の柄を描いてきた

手間がかかるため最近までは
ゴム糊が糸目の主流であった
が、原油価格の高騰や
環境汚染など…
現在の地球環境を考えると真糊というのは実にエコなのである

工房での修業がままならなくなった時、ある方に言われた
「これからは真糊だよ」と…
その言葉を素直に聞いた

真糊を学ぶようになって、これからは自分の作品を次々に生み出していきたいと思う
このが、現在制作している染額の下絵
今日から制作開始
[PR]
by boomoon | 2009-01-23 01:28 | 制作

Pregiarsi

去年ベストセラーからドラマ化もされた『夢をかなえるゾウ』と言う本
たばこ片手に肘枕、残りの手はお腹に乗せて寝そべっているゾウの表紙に
興味をひかれ、手にしてからというもの、ある言葉がずっと頭を離れない


もっと他人にサービスすることを考えて、そのことを
自分の喜びにしてかんとあかんで。
『人の欲を満たす事=自分の欲を満たす事』……………

〜夢をかなえるゾウ 水野敬也 / 飛鳥新社から引用〜


今の自分に出来る事…
ガネーシャ方程式に当てはめるのならば……………

求めた技法を手ほどきしてくれる先生には弟子がいる
だから私は先生の弟子には残念ながらなれない
けれども幸いなことに生徒になれた

自分との約束を守れない人間なので、自分のために…となると
すぐに甘えが出てしまう

ならば……………

a0111447_1533111.jpg



                 
『まずは先生の自慢の生徒になろう』

手塩にかけて育てた植物が大輪の花を咲かせてくれると誇らしく思うように
誇らしいと先生が思えるような生徒になりたい
[PR]
by boomoon | 2009-01-22 01:41 | 想い