人気ブログランキング |

着物染色作家を目指している『たまご』が大きく羽ばたく日を夢見てます。*本文および画像の無断での転記・転載はお断りします。


by boomoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Fattura memoriale 15

少し間があいてしまったけれど…
制作後記着物編の続きを………

前回は、1回目の引き染めまでを…
今回は2回目の引き染めについて…なのだが、その前に……………

引き染めの工程に入る前に…というか、伏せ糊をした段階で、
実はとんでもない失敗をしていたことを書き忘れていた…(。。;)

通常であれば、制作に際して場所を移動させるということはあまりない…
また場所を移動させる際には、持ち運びしやすい状態で移動させるのだが
この着物を染めた時は、諸事情あり、地入れがすぐに出来る状態で移動する必要があった為
伏せ糊までしておいての移動となった

が、過去にそういう経験がなかったためと、知らない者に迂闊に聞いてしまったのが原因で
せっかくの作業を半分台無しにしてしまうこととなってしまった…

伏せ糊の工程を終わらせ、伏せ糊が乾いた状態で持ち運ぶ必要があったのだが、
伏せ糊の特性が頭の中になかったのだ…

知らない者に聞いたところ、「伏せ糊に霧吹きをして、新聞紙で包んで持ち運ぶ」との答え
それを真に受け、伏せ糊の状態を考えていなかった私のミスである

伏せ糊をして、乾いたばかりの状態であれば、まだ多少の水分は残っているので
本当は霧吹きなどする必要はなかったのである
が、考えないで言われるままにしたために、
水分を含み過ぎた伏せ糊はグズグズに緩くなり…
反物を張った時には、見るも無惨な状態になってしまっていた………

これには先生も呆れ返り…大目玉(ノ><)ノ

それでもなんとか根気よく教えて下さっているのが、地入れ以降の工程である…


この失敗以降、知らない者の言う事は鵜呑みにしない…ということを学び、
きちんと自分の頭で考えるようにしようと強く決意した


さてさて…引き染めの続きだが………


1回目のヘマチンが乾いたら2回目の引き染めとなる
次に引くのは木酢酸鉄

ヘマチンという植物染料を木酢酸鉄という媒染液で発色させる

a0111447_221589.jpg
     画像は私ではないので 念のため…

ムラにならないように、丁寧に手早く引き染めをしていくのだが、
この時大切なのは、膝の動きとリズムなのだそうだ


a0111447_2225741.jpg


2度目の引き染めを終えて、またまた乾燥


次の3回目の引き染め以降は、のんびりとしていられないのだそうだ…
最低限の時間で一気に染めの作業終了まで持っていくこととなった…



続きは、また今度………






*本文および画像の無断での転記・転載はお断りします。
なにぶん ワタクシ『たまご』ですので…
本文の内容に誤りのある可能性があることをご了承下さい。

by boomoon | 2009-07-17 02:30 | 制作